反社会的勢力に対する基本方針

暴力団排除条例の改正条例の施行により

プルメリアコンパニオンでは「法令遵守及び企業倫理に関する指針」に基づき、
市民社会の秩序や安全に脅威を与える暴力団を始めとする反社会的勢力に対する基本方針を
以下の通り定めこれを遵守することにより、業務の適切性と安全性の確保に努めます。

P_yoyaku2

①組織としての対応

当社は、反社会的勢力からの不当要求に対しては、組織全体として対応します。
また、不当要求に対応する役員及び社員等の安全を確保します。

②外部専門機関との連携

当社は、反社会的勢力による被害を防止するために、平素から、警察、
暴力追放運動推進センター及び顧問弁護士等の外部専門機関と緊密な連携関係を構築します。

③取引を含めた一切の関係遮断

当社は、反社会的勢力とは取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。
また、不当要求は断固として拒絶します。

④有事における民事と刑事の法的対応

当社は、反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行います。

⑤裏取引や資金提供の禁止

当社は、反社会的勢力との裏取引や不透明な資金提供は法人・個人を問わず絶対に行いません。
当社は、反社会勢力と取引の有る(直接・間接を含み)法人・個人を問わず一切の商取引関係を遮断します。
当社は、商取引契約後であっても、取引先から(直接・間接を含み)
不透明な資金の流失等の確認が出来た時には、専門機関と連携し商取引を打ち切ります。
当社は、反社会的勢力(暴力団等)の資金源なる闇資金(第三者に対するキックバックも含み)資金提供は一切行いません。